被害妄想
子供たちへ :

  ●○ 読者から ●○

家族でこれまでに外国を3ヶ国ほど暮らしてまいりました。
吉川さんの言われていることが教育面、家族面、精神面、
社会面、政治面などすべてでよくわかります。
おっしゃるとおりです。

すごく勇気がおありでご苦労がいっぱいでしょうと推察
申し上げるのですが、それは、日本人のほとんどが吉川さん
の言わんとする優しく温かい思いを察するどころか、
理解しようとせずに否定したり非難したりそういう人が多いに
ちがいないという点です。
日本人は、日本が一番だと思い込み何かを指摘されると
すぐに被害妄想のようにひがむものです。

ですからわたしもわたしの家族も外国のいい点を伝えようと
してもすぐに自分が非難されていると思い込む日本の人たちに
批判されたりするのです。
どうしてここまで心が狭いのでしょうか?

よくご指摘されているように親、教師たちの了見の狭さに起因
することと思います。
特に学校のクオリティは、どこの国に比べても最低だと
わたしも確信しています。

吉川さんは、ご苦労が多いはずです。
それでも子供たちのため、自らのことをかえりみずに未来の
ために行動と言葉を発し続けられる吉川さんに心より声援を
お送りします。

そういう私どもは、狭い心の人たちに支配された日本に
帰ろうとはまったく思っていません。
日本はどんどんと偏っていくのが外国にいるからこそ
よくわかります。
たまに帰省すると本当にひどいものです。
外国嫌いだった女房も今は、日本に帰りたくない状況です!

吉川さんを非難する人たちは、50才でボクシングのリングに
立ったりする勇気のある人はひとりもいないはずです。
負け犬の遠吠えです。

吉川さんは、本当に純真ですごい方です。
外国にいる人には、特にそれがわかるはずです。
応援しております。
[PR]
by fighter_eiji | 2010-06-15 17:17 | Children’s Times
<< 池袋の秘書 新種のアマガエルちゃん? >>