八百長校長
    - 朝日新聞 (Mar 2, 2011) -

  一関学院高野球部で集団暴行 県高野連に半年報告せず

 昨夏の甲子園に岩手代表で出場した一関学院高校(小野寺佳代子校長)の硬式野球部で、昨年7月の岩手大会期間中に部員同士の集団暴行があったことが、わかった。
同校は県高野連に半年以上報告していなかった。

 高校野球選手権岩手大会の準決勝前日の7月24日。
ベンチ入りメンバーとは別行動で一関市内の同校練習場に残っていた1年生部員5人が、練習に遅れてきた1年生部員を殴ったり蹴ったりし、顔などにけがをさせたという。
[PR]
by fighter_eiji | 2011-03-02 18:26 | Children’s Times
<< 酒飲み警官は、いっぱい 世襲は犯罪 >>