水曜日、大使館前
子供たちへ :

何十年も何十年も毎週水曜日は、ソウルの
日本大使館の前に座るおばあさんたち。
年と共に数は、減っていく。

戦争を利用して、女性をおもちゃにして、10代の
女性をだましたり、強制的に連行して、彼女らを
何百回もレイプしたのが従軍慰安婦という
世界最悪の犯罪。
やくざがやったんじゃない。
もっと悪い組織=日本の政府がやったこと。
それに対して厳寒の冬でも座り込みをする被害者
たちに日本政府も大使館員もお茶のひとつも
出しくさらない。
人間じゃない。

( 前の大バカ首相、アベのドアホウは、
「 慰安婦は、強制してない 」 とか言って
世界中からバカにされてる。
アベのじいちゃんは、A級戦犯の岸だけど、日本は
それでさえ首相になる。 彼らの家計図を見てみてね。
麻生ともつながるし、一番悪いやつらともつながるし
日本の腐り方がよくわかる。政界は政略結婚だらけ
だから、当然スーパーアホウが生まれる )

1回でもレイプされたらどんな気持ち?
あなたの娘さんが一度でもそんな目にあったら?
普通の日本人も冷たい・・ なんとも思わないのか?

前の水曜日、いつものように座り込みに来た
女性たちが 「 被災した日本の方々に、早く元気に
なってもらいたい。 悲しみが増えないように願ってる 」
とみんなで涙を流す。
「 私達は、罪を憎んでいるのであって
 人を憎んでいるんじゃありません 」
[PR]
by fighter_eiji | 2011-03-20 22:30 | Children’s Times
<< ダンスと避難の経験 大臣ユニフォーム >>