助けて、フランス!
  東電、フランスに支援要請=「極めて危機的」と産業相
     2011年3月28日 - 時事通信

 【パリ時事】ベッソン仏産業担当相は、東電から仏原子力庁と
仏電力公社(EDF)、同国原子力大手アレバに支援要請が
あったことを明らかに。
要請の具体的内容は明らかにできないとしている。

 ベッソン氏は、強い放射線が観測されたことを踏まえ、
状況は「極めて危機的だ」と懸念を表明。
「現時点で正確な状況把握は困難だ」と述べた。

 アレバとEDFは既に、福島第1原発の事故を受け、
燃料の核分裂反応を抑えるホウ酸約100トンのほか、
防護服やマスクなどの支援物資を日本に送っている。 
[PR]
by fighter_eiji | 2011-03-28 23:04 | Children’s Times
<< ショッピングセンターの野球人 石巻市役所の避難所 >>