責任取らない責任者
 東電社長「雲隠れ」と米紙批判 福島原発事故で
   2011年3月29日 ー 共同ニュース

 【ワシントン共同】米紙ワシントン・ポストは29日、「経営者が雲隠れ」との見出しで、福島第1原発事故発生から2日後の13日以降、公の場に姿を見せていない東京電力の清水正孝社長を批判。
同紙は、問題が起きた際に連絡が取れなくなるのは、日本の経営者や政治家によくあることだと指摘。
その上で、社長の行動を「理解できない」とする西岡武夫参院議長の発言や、メディアの間で社長の刑事責任を問うよう求める意見が出ていることを例に挙げ、批判が強まっていることを伝えた。
記事は「誰もが清水社長は辞任することになると思っている」と指摘する一方で、「電力会社と政治家、原子力規制当局の緊密な関係を引き離さなければ解決にはつながらない」とする日本国民の声を紹介。
[PR]
by fighter_eiji | 2011-03-29 21:07 | Children’s Times
<< ただちに買収 汚染は何100キロ? >>