ライブハウスと学生とおまわり
子供たちへ :

2011年3月12日。
つまり大勢が亡くなった震災の翌日。

地方のライブハウスから出てきた学生が夜中過ぎに
きちがいみたいに商店街で大騒ぎ。

50才のまささんは、文句を言いに出て行った。
ちょうどそこへ、自転車で3人のおまわりも
通りがかった。

まささん
「 きみたち、きのう何があったか。 震災で人が大勢
 亡くなって、そういうときに、こんなとこで大声出して
 騒いで・・ よく考えなさい 」
と言ってると、警官も来たことだし、学生たちは
どこかへ帰って行った。
一番若い25才くらいのおまわりが、まささんに
「 帰ったんやから、ええやんか 」

まささん
「 そういう問題か。 バカたれ。 このアホウ!
 そんなんだから警官にしかなれんのじゃ、このバカ!」
[PR]
by fighter_eiji | 2011-05-05 22:41 | Children’s Times
<< 県議会の議長と養護学校 ペルラスカ >>