放射能のことを隠す政府と闘うママ
子供たちへ :

  ● 読者から ●

- 5月24日付 [ 放射能と園長 ] を読んで -

このお母さんは、勇気もあり、説得力もあり
本当にすごい人です。
わたしの学校でもまねをさせて頂こうと思っています。
よろしくお伝えください。
  
  ---

私は神奈川に住んでおりますが同じ考えです。
この方のように勇気を持って言うことでしか型どおりに
話してくる学校や役所とはキチンと対処ができないのだと
いうことをとても感じています。

放射能に殺されるのは絶対にいやです。
ましてや子供たちの命は絶対に守るのが
親の使命だと思います。
みんながもっとストレートトークを読むべきだと思います。
日々、本当に数多くの更新をありがとうございます。

  ---

園長に手紙を書かれたお母さんのような人が
他にいないのがこの国の残念な現実だと思います。
英治さんが以前何度か書かれていたことですが
「日本のママは、レベルが低すぎ」ということですね。
わたし自身ももっと発言をするべきなのですが
本当にそう思います。
お母さんたちは他愛もないことばかりを話して
大事なことはまったく、我関せずという態度で
人の悪口とかそういうことにばかり専心しています。

今、放射能の危機に立たされ、子どもたちを救える
かどうかは母親たちにかかっていると思います。
[PR]
by fighter_eiji | 2011-05-26 23:38 | Children’s Times
<< 答えに確信 暴力ポリス >>