先生は、いらっしゃいません
子供たちへ :

 ●○ 読者から ●○

ある中学校の先生に用事があって
電話をしたときのこと。

私「○○先生はいらっしゃいますか?」

年配の女性教諭
「今、○○先生はお席を外されています」

私「お帰りは何時ぐらいのご予定でしょうか?」

女性教諭「さぁ、分かりません」

学校の先生が世間でバカにされる
理由がここにあります。

どこかの会社に電話をして、
「今、○○部長さんはお席を外されています」
「さぁ、分かりません」
などという答えが返って来るでしょうか?

せめて、新入社員でもできることぐらいは
できるようになって欲しいですね。

情けないったらありゃしません(笑)。


  = Straight Talk =

学校に電話して、その先生がいないと
「いません」と言って、電話を切ろうとするのが
ほとんど。
会社だったら大目玉かクビ。

「何時頃帰ります」とか「伝言をお伝えします」
なんて聞いたことがない。
一般の社会では、そう言わない人は、いない。

「電話番号を伝えるから」とこっちが言うと
すっごくめんどくさそうに紙とエンピツを探し
それだけで5分くらい待たされたことも。
これを会社でやったら、どえらいことになる
けど、彼らは、「へ」とも思ってない。

今までの数百回の学校との電話で
「お電話ありがとうございました」
は、一度も聞いたことがない。

ダンゴ虫のフンやナメクジが学校に集まってる。
同類のウジムシが警察の110番を回すと出てくる。

  ● 読者から ●

これ、すごくわかります。
読者の方が体験されたとおりです。
学校は本当に失礼な人たちが集まっています。
[PR]
by fighter_eiji | 2011-05-29 20:00 | Children’s Times
<< 仮設住宅の隣人 カダフィの友達たち >>