震災詐欺だらけ
       あまりにも悲しい現実
 復興機運に乗じた「震災スパムメール詐欺」
     2011年6月2日 Excite News


 震災に乗じて、詐欺を行なっているグループがいる。

「地震関連情報はこちらのURLをクリックして下さい」と書かれたメールが送付されれば、クリックしてしまうことも。

 このURLをクリックすると出会い系サイトへ誘導され、「利用した」として利用料を請求されるという酷い事例がある。
そんな請求が来ても入金する必要性などないのだが、そこに詐欺師の付け入る隙がある。

 ネット詐欺に慣れていない人にとっては脅威だし、「利用料」を支払ってしまうこともあるかもしれない。
一度支払ってしまえば、相手側はどんどん同じような手口で請求をしてくるだろうし、他社にメールアドレスや個人情報を転売されて増殖していく可能性すらある。

 利用料の請求が来ても決して支払ってはならない。
無視するか、すぐにでも国民生活センターや消費者センターに届けて相談すること。

「被災された人々の役に立つならば」と、おカネを振り込んでしまうこともあるかもしれないが、絶対に振り込まないよう。

 ボランティア活動をされている方々の“光”の陰で、このような詐欺師たちは、人々の気持ちなど考えもしないのだろうか。
[PR]
by fighter_eiji | 2011-06-02 09:37 | Children’s Times
<< イタリアとドイツ 来た道 >>