理解できない
子供たちへ :

地震、津波に襲われて、
    避難所に暮らして、

家をなくして、
  友達もなくして、

  遊べなくて、
学べなくて、

 みんなにもう会えなくて、
    スポーツができなくて、

   やっと壊れた学校に戻ったり、
 転校したり、

    食べ物が放射能つきになったり、
 給食にそれを入れて、食べさせられたり、

運動場が放射能汚染されたり、
      空気を吸うのにマスクをつけたり、
  水を飲めなくなったり、

 これから、何がどうなるのか、まったくわからなくて、

・・・ 無実の子供たちを、想像つかないほどに
苦しめているのに、原発をやめない大人たちが
オレは、本当に理解できない。

大人が経験もしたこともない、恐怖の放射能を
子供のまわりにまき散らす。
子供たちの住む土地で原発を運転する。

あの子たちが、中学に、高校に入って
夢に向かっている時に、

あの子たちが、大人になって、自分の子供を
育てている時に、また放射能が降り注ぐ。

なんで、そこまで人間は、残酷?
なんで、子供たちを、こんなことで苦しめる?

オレには、絶対に理解できない。

誰がどんな説明をしようが、
誰がどんな理屈を言おうが、

オレには、絶対に理解できない。
[PR]
by fighter_eiji | 2011-06-06 22:33 | Children’s Times
<< 面接試験 白クマ親子 >>