山形のナメクジ
    職場で7年間、セクハラ被害
  男性職員3人を懲戒処分―山形労働局
    2011年6月6日  時事通信  

 女性職員の身体を触るなどした職業安定所の
男性職員3人を停職6カ月。
女性は7年間にわたりセクハラ行為を受けており、
当時の所長5人の監督責任も問い、訓告処分。

 懲戒免職の1人は発覚前に退職し、
訓告の5人も既に定年退職。

 男性3人は米沢職業安定所のロッカールームなどで、
女性の身体を触ったりキスなどの行為を繰り返した。
3人は女性の上司や同僚。
女性は1998年から2005年にかけて被害を。

 3人は「女性に親切にされていることをはき違えた」
と話している。

 同局の宮野修総務部長の話 
セクハラ防止を指導する立場にありながら、このような
不祥事が生じ、大変遺憾。再発防止に努める。 

  ==

どのナメクジもクビには、なってない。
公務員の世界と刑務所は、前科者だらけ。

囚人は、償うために牢屋だけど
公務員は、自由の身。
[PR]
by fighter_eiji | 2011-06-07 00:28 | Children’s Times
<< 長崎に避難して 教育委員会とメール >>