香川県のエリート
子供たちへ :

 ● 読者から ●

3日ほど前に書かれていた「香川のエリート校長」
の話は、とても面白かったです。
というのは、私も香川県で学校に勤めていたことが
ありますが、そんな人ばっかりだということです。
小さい世界で威張ってるところがどうしようもない
教員たちの悲しい世界でした。

職員会議や職員室の雰囲気は最悪でした。
親が教員だからと無理やりに教員採用試験を
合格にしているケースはいっぱいあります。
彼ら自身が不正をはたらいているのです。

生徒に無神経なひどい言葉を浴びせる暴力教師や
女生徒にいたずらする教師はいくらでもいます。
腐敗の温床とは学校に他なりません。

ほんの数年でしたが、あそこを辞めたのも
彼らと同じになるのがいやだったからです。
でも確かに子供たちは、犠牲にされています。
吉川さんの教育に関する観察力には驚かされます。
[PR]
by fighter_eiji | 2011-06-13 20:44 | Children’s Times
<< 女性が見回り 就職と卒業見込書 >>