待つしかない
子どもたちへ :

みんなが大人になって、
また放射能汚染とかがあった時に --

▼ 指示を待つ
 ▼ 見えないから、何もできない
      (=何もしないということ)
▼ 良くなるまで待つしかない
      (=社会のために何もしない人)

 ▼ もう充分生きたから、放射能もかまわない
     (=何もしない自分を正当化)
▼ もう思い残すことはない
     (=目標や使命感のない人間)

 ▼ 他のみんなもそこに暮らしてるから
     (=羊)
  ▼ 仕事は、そこじゃないとできないから
     (=もともと、何も変える気はない)

 ▼ これらは、結局全部 「何もしません」 てこと

--- そうやって、子どもを犠牲にしておいて、
それさえも正当化する大人の
仲間入りをする可能性が大きい。

自分と闘う気がまったくない人たち。

  ==

日本以外の人達には、こんな反応をする人は
(=なんにも反応しない) めったにいない。

洗脳国家でどう生きるか。
[PR]
by fighter_eiji | 2011-06-24 10:00 | Children’s Times
<< 殺人集団=公務員の連帯 入替制の映画館 >>