復興
子どもたちへ :

エボラ熱っていう恐ろしい感染病がある。
完全隔離をしないと、みんなが死ぬ。

日本は、「復興」「復興」 と言ってて、
それはもちろん大事なこと。
ただ、やり方が大間違い。
感染症=放射能があるところは、
完全にシャットアウトしないと
いけないのに、それどころか、
その一番ヤバいところも 「復興」 しようとしてる。

そこでの表面上での 「復興」 は、

 ▼ 子どもたちをガンにかけ
 ▼ 放射能の食品を全国・世界に広げ
  ▼ 全部を滅ぼす。

日本の言う 「復興」 は 「壊滅」

ちょうど彼らが 「開発」 といって 「破壊」
を繰り返してきたように。
「安全」 と言って 「恐怖」 に陥 (おとしい) れたように。

猛毒ガスの元栓を開いたままの 「復興」 により
子どもたちは、彼らの孫の時代までも苦しむ。

  ==

きょう、南相馬市の農家は、牛に食べさせるべき
じゃない干し草を食べさせて、それを出荷したから
放射能入りの肉牛が他県に流通した。
こうして、内部被ばくがどんどん広がる。
[PR]
by fighter_eiji | 2011-07-11 19:43 | Children’s Times
<< 放射能自由市場 Train kids >>