学校は、しません
子供たちへ :

  ● 読者から ●

吉川さんの言うように、今日で最後なんだと
思いながら生きて行こうとおもいます。
この間下校の事について書かれていましたが、
私は、2年生まで近くの曲がり角まで見送っていました。
ここの学校は集団下校というのがなくて、子供たちバラバラに
ひとりだったり、グループだったりして一時間かかる道のりを学校まで通っています。
人通りはありますが、変質者などもでており、道も危ないので、私も心配なので、行っていました。 
周りの人はもう一人で帰ってこれるし、友達と帰ってくるから大丈夫だよって言ってくれましたが、懲りずに学校の近くまで迎えに行っていました。
私も過保護なのか、もう迎えに行かなくてもいいのか
悩みましたが結局2年生までしていました。 
1年生の終わりの時娘が私に手紙をくれました。
いつも、れんちゃんのこと見守ってくれてありがとう。
これからも私の事を見守って下さいと。書いてありました。
わたしは、送り迎えしてよかったんだ。
見守っていて良かったんだと思いました。
嬉しかったです。

今はもう3年生ですので、友達と行ったり、帰ってきます。 
この時代、集団登校や集団下校がないのも親にとって悩むところです。
学校に、相談もしましたが、学校側は、勤めている親がたくさんいるので、学校側としては頼むことはできないと断わられました。
新入生の親御さん達はとても気になる事だとおもいます。
[PR]
by fighter_eiji | 2011-07-22 19:45 | Children’s Times
<< 学校側 校長の仕事 >>