タイコンデロガと水爆
子供たちへ :

タイコンデロガって変な名前だけど、米軍の空母の名前。
日本の歴史では、闇に葬られているけど、とんでもない
ことをした。
水爆を沖縄の海底に落っことして、そのまま。
1965年のこと。
当時の総理、佐藤エイサクっていって、戦後すぐの
ファシスト総理の岸っておっさんの家族が隠した。
特別に悪党の総理だったけど、インチキで
ノーベル平和賞をだまし取り、盗み取ったりもした。

  - 以下、Wikipedia から -

1965年12月5日、ベトナム沖での任務を終えて横須賀へ
帰還する途中、北緯27度35分2秒・東経131度19分3秒
(喜界島の南東約150キロ)で水素爆弾1発を装着した
A-4Eがエレベーターから海中に転落する事故。

機体は乗員(ウェブスター大尉)ともに水没した。
核攻撃アラートに就くために飛行甲板にあげる途中であった。
現場の水深は約5,000メートルあり回収は不可能。
事故は1981年の国防総省の報告書で明らかにされたが、
詳しい場所については1989年に明らかにされた。
[PR]
by fighter_eiji | 2011-07-23 01:30 | Children’s Times
<< シェーンの優しさ ヘスの墓 >>