先生と軍隊と生徒達
子供たちへ :

  ● 日本で先生をした外国の人から ●

日本の学校は軍隊です。
先生たちは鬼軍曹たちです。
宿題がその表れです。
彼らは、山のように宿題を出すことが正しいと信じている
のですが、それこそが軍隊そのものの考えなのです。

生徒の本当の幸せは考えていなくて学校の幸せや
先生の自慢になることが優先されているのです。

宿題で成績が上がり有名校に入れる人は、ほんの一握りです。
そのほんの一握りの人も幸せではありません。

学校以外にも会社や一般社会にも同じシステムが
適用されています。

日本人は、そういうところが怖いです。
自分たちが旧日本軍と同じ殺戮者になっていることが
わからないのです。

大学を出てすぐに先生になるシステムは最悪です。
生徒のことをまったく考えていないのです。

宿題を出す先生は東洋の鬼です。

日本の学校で先生をしたことは、貴重な経験に
なりましたが、あのシステムを続ける限り
日本は、子どもたちに対する犯罪を続けている
ことです。
[PR]
by fighter_eiji | 2011-08-15 17:27 | Children’s Times
<< 宿題多すぎ!と言う親 Homework = Crime >>