大阪の地下鉄
  地下鉄運転士から薬物反応
  2人「身に覚えない」―大阪市
   2011年9月9日 時事通信

 市バス運転手が8月に覚せい剤取締法違反で逮捕され、市営地下鉄と市バスの全乗務員を対象に薬物検査を行った結果、地下鉄の運転士2人から陽性反応。

 運転士(40)から覚せい剤、別の運転士(38)から大麻。
2人は「全く身に覚えがない」と。
[PR]
by fighter_eiji | 2011-09-09 22:09 | Children’s Times
<< 原発の千羽鶴 Roman Gonzalez ... >>