少しずついっぱい被爆
  最大0・7ミリシーベルト被ばく
   第1原発の周辺地域で月間
   2011年9月13日 共同通信

東京医療保健大の渡会睦子准教授らは、福島原発の
周辺地域で活動する保健師に線量計「ガラスバッジ」を
配布し、5月に被ばく線量を実測し、1カ月の最大値は
0・7ミリシーベルトだったと発表。
年間に換算すると8・4ミリシーベルトとなり、
一般人の年間被ばく線量限度の1ミリシーベルトを超える。
調査対象は、いわき市、川俣町、田村市などの
5グループの保健師147人。
[PR]
by fighter_eiji | 2011-09-13 22:35 | Children’s Times
<< Sameness forced Sheep in New Ze... >>