警察官舎の麻薬
  大分県警警部補、麻薬所持の疑い 
     「使った」と供述も[PR]

麻薬に指定されている薬物を自宅の冷蔵庫に
隠し持っていたとして、警視庁は27日、
大分県警警部補の山田雄一郎(35)を逮捕。
山田は、「9月にも知人と自分で
用意した覚醒剤を使用した」と供述。

山田は26日午前7時40分、別府市の県警官舎内の
自宅で、麻薬指定の薬物「5―MeO―DIPT」の
粉末0.004グラムと、同じ粉末が入っていると
みられるカプセル11個を所持。

警視庁が9月に覚醒剤で逮捕した男(34)が
「逮捕の数日前、山田と覚醒剤を使用した」と供述。
今月26日、山田の自宅を捜索したところ、
冷蔵庫から麻薬入りのカプセルが見つかった。
[PR]
by fighter_eiji | 2011-10-28 16:37 | Children’s Times
<< 軽蔑の職種 警察=暴力団 >>