最初のブイヤベース
子供たちへ :

生まれて初めてブイヤベースを食べたのは
コルシカ島のレストランだった。
1994年頃で、ブイヤベースが
なんなのかも知らなかった。

「魚のごった煮」だなと思いながら
食べた。

それは夜8時過ぎの夕食だったが
飛行機は、その日の午後4時ごろに着いていた。

飛行場には3人くらいしか人がいなくて
タクシースタンドには、誰もいなかった。
[PR]
by fighter_eiji | 2011-11-03 20:33 | Children’s Times
<< 7500 times of hell 食べ物は日本が一番? >>