マンチェスターの友達
子供たちへ :

「 エイジ、わたしは今、地元の学校で
 働いているけど、イヤでイヤでしょうがないの。
 がまんしてきたけど、もうすぐ辞めるわ」

というのはイギリスの友人。

彼女が言うには
「 やっぱり教師っていうのは世界を旅してないで
 なってるから、学校社会そのものが偏ってて
 世間知らずの集まりで、インチキの教育を
 子供に強制していて・・・ああいう人たちと
 同じ職場にいることが、もう耐えられないのよ。
 私自身が世界をいろいろ回ったり住んで来て
 それがはっきりわかったわ。
 ここは、ひどいけど、世界一教育が偏ってる
 と言える日本に比べれば、まだそれは天国よ。
 でも一番極端に悪いところに比べたって、
 それは本当の比較じゃないものね 」

「 日本の学校に勤めた時に見たことほどショッキング
 なことは、なかったわよ。 すべてがショックだったわ。
 日本の子供たちは、本当にかわいそうね 」
[PR]
by fighter_eiji | 2011-11-27 01:05 | Children’s Times
<< エイジごっこ この英語の授業を日本の大学で >>