エイジごっこ
  ● 「KOされない男たち」 を読んだ人から ●

Dear Eiji-san

毎晩、ベッドに入って本を持った瞬間
チンっ! だった日々が続いていたのですが、
ふと目が覚めて゛KOされない男たち゛
今一気に読み終えました!!!
感動して涙が止まりませんでした。
私がKOされてしまいました!
やられた~!

ボクシングのこと、よくわからなかった
のですが、今、わかりました!
ボクシングのことも、大川会長や選手達の
人柄まで、まるで会ったことがあるかのように
伝わってきました。それもすごい!!!!!

今の私に必要なものもみつけました。
`move quickly`やばい、
私って10年くらい遅い…。

子ども達が、毎朝、エイジの本、なんて書いて
あった?って聞かれてて、ごめんっまた寝て
しもて読んでないんよっていう日々も続いて
いたのですが、子ども達には、この本の
意味がわかる人間に育ってようと決めました。

ワタシ、別にといっては失礼だけど、
子ども達にエイジはいいよ~なんて
薦めたこともないのに、子ども達は最初から
エイジが好きで、長女はホワイトボードの前に弟を
座らせて、エイジのマネをしてエイジごっこをします。
これが似ていておもしろいんだけど、
子ども達ってきっとわかるんですね、
いいものとわるいもの、ほんものとにせものが。

すばらしい教えをありがとうございました。
[PR]
by fighter_eiji | 2011-11-28 08:03 | Children’s Times
<< 読んで寝る マンチェスターの友達 >>