映画のシリーズ作品
こどもたちへ :

映画のシリーズもの。
2作目以降は、ほぼまちがいなく失敗作や
駄作や、大したことないものになる。

1) 珍しい例外は・・・(2作目が上回った例)

― 『ゴッドファーザー Part 2』
 ― 『夕陽のガンマン』 ・・ 1作目は 『荒野の用心棒』
 ― 『続・夕陽のガンマン』 ・・ 前作は 『夕陽のガンマン』

2) 同等に上出来だったのは・・・

『やかまし村の子どもたち』 & 『やかまし村の春夏秋冬』

  『用心棒』 & 『椿三十郎』

3) 上回らないけど、よく頑張ったのは・・・

『ロッキー2』 & 『ロッキー・ザ・ファイナル』

山田洋次さんの 『寅さんシリーズ』 は、
49本あって、それは世界記録ですごいこと。
いい作品が何本かあったけど、
一作目は超えられなかった。

2作目を1作目を超える作品にした2人の監督は
どちらもイタリア系の人 :

フランシス・フォード・コッポラ・・『ゴッドファーザー』
セルジオ・レオーネ・・・『夕陽のガンマン』

頑張った 『ロッキー』 シリーズの
スタローンもイタリア系。
[PR]
by fighter_eiji | 2011-12-27 21:54 | Children’s Times
<< バンビのママ 14才のアンデルセン >>