福知山線事故と市民
子供たちへ :

福知山線事故でJRの山崎社長は「無罪」
107人が亡くなった事故の遺族は耐えられない。
「これじゃ何もならない。改善もされるわけがない」
と子供を失くした人。

日本では、誰に責任があるのかわからない。
責任を取る人はいないし、誰も「俺だ」とは言わない。

これが「団体による独裁政治」

そのしくみは、市民の生き方も同じ。
悪い社会は、結局は市民が作りだしてる。
それをどんどん続ける。

学校は、そういう汚染されたことがわからない
ロボットたちが牛耳ってるから、何の疑問も
なく、同じことを繰り返す。

福知山線事故は、これからも繰り返す。
この国自体が福知山線事故でできてる。
[PR]
by fighter_eiji | 2012-01-11 20:06 | Children’s Times
<< まずくて、変えたい国 Wrong people in... >>