恥を捨ててもう一度
子どもたちへ :

エイジは、小さな英語スクールで
人が英語を学ぶのを手伝ってる。
というより、「英語を通じて、人が解放され
自由に伸びるのを手伝ってる」

「英語が話せるようになりたいです。
もうこの年齢(とし)になって」恥も捨てて
もう一度やりたい」 と80才が近い女性。
65年前に学んだ動詞の変化形や
単語のスペルが戻って来て
テーブルに開いた帳面の上に命を吹き返す。

「ボクは、バカだから無理です」
と、学校生活を通じて、
すべての自信を失ったのは19才の少年。
[PR]
by fighter_eiji | 2012-02-08 10:04 | Children’s Times
<< 坊さんボクサー 子どもを見る目 >>