正門のタバコ
子どもたちへ :

70を超えたおじさんがいる。
毎日歩く駅への道沿いには中学校がある。
正門前では生徒たちがたまってタバコを。
そのひとりがおじさんに煙を吐きかけた。

おじさんは、現状を警察に。
警察は 「その道を歩いちゃいけない」
とおじさんを注意。

それが警察。
それで給料やどっさりの退職金をもらう。

  ● 読者から ●

未成年者にタバコを売っている、私の住んでる
駅前のタバコ屋さんの情報を聞きこの間、
訪ねに行き、未成年者がここのタバコ屋なら
買えると聞いたのですが、売らないでと
言ったのですが、うちは未成年者に絶対に
売ってませんと、いうので、未成年者が買いに
来たら、売らないでと言ったのですが…

甥はそのタバコ屋で買っているのは
分かっているのですが。
[PR]
by fighter_eiji | 2012-03-17 21:30 | Children’s Times
<< 夢に向かう Brains that don... >>