すべてがいいかげんな原発
    高浜原発1号機、劣化か 
   圧力容器もろくなっている恐れ
   2012年4月21日 朝日新聞 

関西電力高浜原発1号機(福井県)で、高いほど劣化が進んだことを示す原子炉圧力容器の「脆性遷移(ぜいせいせんい)温度」(2009年時点)が95度となり、国内では九州電力玄海1号機の98度(同)に次いで高いことが、示された。
原発の老朽化問題が改めて論議を呼びそうだ。

圧力容器は、原発の運転にともなって出る中性子を浴び続けると次第にもろくなり、トラブルなどで急激に冷やすと割れる恐れがある。
金属の粘りがなくなる境目の温度が脆性遷移温度。温度変化を正確に予測するのが難しく、電力会社は運転開始時に圧力容器に同じ材質の試験片を入れ、数~十数年で取り出して調べている。

高浜1号機は1974年に運転を開始、試験片の測定は今回で4回目で、前回の02年に取り出したときの68度から27度も上昇した。
[PR]
by fighter_eiji | 2012-04-21 10:04 | Children’s Times
<< ナチス・ジャパン 大分の大きいクソたち >>