北海道のゴミ警察
          2012/5/19
  警察に10回相談したのに猥褻被害/北海道

 脅迫文を送られて北海道警にストーカー相談をしていた石狩市の女性が、何者かに連れ去られ猥褻行為をされた事件で、女性は札幌北署と電話も含め計10回にわたって相談などのやりとりをしていた。

 同署は、連れ去り後に逮捕した紺野裕己(41)の犯行とみて2回警告したが、当初は直接証拠がなく逮捕を見送っており、道警は「当時やるべきことはやった」と言い張っている。

 脅迫文は差出人不明で、2月2〜18日に計4回いずれも封書で送られ、「車に注意して」「家族に被害が及ぶ可能性もある」などと書かれていた。
 女性には昨秋から、紺野と女性しか知らない内容の差出人不明メールが届いていたこともあり、同署は、脅迫文の送り主は紺野と推定し、口頭での警告措置。

 女性は2、3、4月の計3回、同署を訪れて相談し、4月下旬までに計7回、「迷惑メールをやめさせてほしい」と同署と電話でやりとりしたが、同署は女性警察官に、女性の心理ケアを担当させていただけ。

 連れ去り事件は5月3日で、女性が自宅近くで、覆面の男に空き家に連れ込まれて体をさわられるなどの猥褻行為。
[PR]
by fighter_eiji | 2012-05-19 09:39 | Children’s Times
<< 振込詐欺の工夫 大阪の助役 >>