ショッピングセンターのカミキリ虫
子供たちへ :

車で走っていると、大急ぎで横切る毛虫が見えた。
車を止めて、道路わきの草むらに置いた。
今度は、みみずも。

ショッピングセンターの半ばにある大きな通路に
虫さんが倒れている。
しゃがんで見てみると、2センチほどの細身の
茶色のカミキリ虫。
誰かに踏まれたようで、体はねじ曲がり、
足がかすかに動くだけの、虫の息。
もう持ちこたえられない。
外に持っていってやろうと思ったけど
外までは何十メートルもあるし、急いでるし。
せめて人に踏まれないように、脇の商品棚の
下に持っていっておいた。

10分経って、帰りに見えたのは、
そのカミキリ虫が床を這っているようす。
息を吹き返した!

ビックリして、急いで手に取って
店を出て、植込みの木にとまらせた。

最初からそうすべきだった。
「手抜き」は、人命を奪う。
[PR]
by fighter_eiji | 2012-05-28 20:33 | Children’s Times
<< 腕に付いてた虫さん ひとつはっきりわかること >>