お母さんが高校生の時に
子供たちへ :

「やっぱり、あれがすべてですね。
あれがあったからですよ」
と若いお母さんは、小学校1年生の
娘を英語教室に。

「あれ」とは、お母さん自身が高校生の時に
交換留学生としてシアトル、バンクーバーに
滞在したこと。

「英語ができないとだめ。できたら楽しい」
ということが、はっきりわかった、とのこと。
[PR]
by fighter_eiji | 2012-06-28 00:15 | Children’s Times
<< Dreams and thin... 夢が実現できないのは >>