命と、たかが電気
  「さようなら原発」集会に17万人
  TBS News - July 16, 2012

 この暑さの中、音楽家の坂本龍一さんや作家の大江健三郎さんらが呼びかけ人となって、「原発反対」を訴える集会が開かれ、主催者発表で17万人もの人達が集まりました。会場となった東京の代々木公園は参加者で埋め尽くされました。

 3連休最終日の東京・代々木公園を人々が埋め尽くしました。その目的は「さようなら原発10万人集会」。

 「普段は若者や家族連れでにぎわう代々木公園。今日は老若男女含め、ものすごい人出となっています」(記者)

 「十数万人に上る私たちは侮辱の中で生きていくほかないのか。他に次の原発の大爆発によって侮辱の中で死ぬほかないのか。そういうことがあってはいけない」(ノーベル賞作家 大江健三郎さん)

 「たかが電気のために、この美しい日本、そして国の未来である子どもの命を危険にさらすようなことはするべきではない」(音楽家 坂本龍一さん)

 瀬戸内寂聴さんら著名人も呼びかけ人として参加しました。東日本大震災後、最大規模となる10万人を集め、脱原発を訴えようというのです。会場では、こうした集会に初めて参加したという人たちの姿が目立ちました。

 「この子が生まれて、やっぱり未来のこととか、本当に考えないといけない」(デモ参加者)
 「ネットの力が大きい。イベントの垣根が低くなってきていると思って参加した」(デモ参加者)

 参加者の中には、福島市から駆けつけた小林さん親子の姿もありました。

 「(子どもには)これだけの人が集まって何かやっているのは、大きな理由があるのだと、心にとどめ、大きくなってからもう一度、自分で勉強してほしい」(福島からの 小林みゆきさん)

 小林さんは原発の影響を恐れて、娘とともに宮城県に避難。
福島市に残る夫とは分かれて暮らしています。

 「反原発の方向に動いてもらいたいし、そういう力になりたい」(小林みゆきさん)

 集会の参加者は主催者発表で17万人にも達しました。3つのグループに分かれて、東京の都心をデモ行進しました。

 「これだけたくさんの人が反対しているとの意思表示をしたい」(参加者)
 「人間の力じゃ核は防げないので、即やめるべき。無責任すぎる」(参加者)

 「代々木公園を出発した長い長いデモ行進の列が、脱原発を大きく叫びながら、表参道の街を突き進んでいきます」(記者)

 「いろんな意見があると思うので、一丸となってやるのはすごい」(デモを見ていた人)

 コースはそれぞれ、原宿・表参道から千駄ヶ谷方面、新宿方面、渋谷を抜けて恵比寿方面と、まさに都心を練り歩く形となりました。

 福島から参加した小林さんの三女、9歳の秀香さんはデモの先頭を歩いていました。

 「沿道で見ている人の反応がよくて、応援されているのが伝わってくる。いろんな人と話して、秀香なりに学習したのでは・・・」(小林みゆきさん)

 1人1人の小さな声は届くのでしょうか。
[PR]
by fighter_eiji | 2012-07-16 19:52 | Children’s Times
<< やらせ国家 中津川の悲劇 >>