教委=悪魔
   自殺生徒、「40万円」工面の壮絶 
   いじめアンケ「金銭要求」との関係
   2012年7月16日 Excite News

大津市の中学生が自殺した問題で、生徒は亡くなる数か月前から貯金を崩すなど40万円前後を工面していた。
アンケートでは、「金銭の要求があった」と複数。

東京新聞などが2012年7月15日、報じた。
16日のテレビ番組では、生徒の父親から聞いた話として、「40万円」を工面した内訳を明かした。
「ためていた貯金通帳15万円、家のお金を…」「今回の場合、だんだんと事実がわかってくると10万円単位のお金を引き出したり、用立てたりしてる形跡もあるらしいんですよ」

子供のころいじめを受けたボクシング世界王者・内藤大助氏は、
「殺人事件だと思っていますよ。勝手に死んだとかいう人がいるけど冗談じゃないですよ」
と厳しい表情で語った。



         【いじめ自殺問題】
  大津市教育委員会に非難FAXがいっぱい
  届くので業務に支障がでるから被害届を検討
   国民は怒り「保身しか頭にねぇのかよ」
   2012年7月17日 Excite News

大津市教育委員会に非難のFAXが500枚以上届き、警察に被害届を出すことを検討。
これに対して怒りや「あきれた」という声が。
 
・大津市教育委員会に対するインターネット上の声
「人が死んだ事案で被害届3回も不受理なのに」
「被害届は出しても最低三回は拒否られるんですね?」
「なにいってんだこいつ」
「それに対応するのも仕事でしょ? どこまで狂ってるの?」
「保身しか頭にねぇのかよ」
「被害者面か、腐った人間しかいないな」
「えっ、生徒のアンケートは無視して抗議のFAX500通ぽっちで被害届?」
「中学生をもつ大津市民は他市に引っ越したほうがよくね?」
「ウワァァァ被害者ズラかよ。燃料投下したどうするよw どこまでもアホですね」
「これで分かった。やっぱ教委って何も考えず生きてきた集団」
「それだけ抗議される事やっっちゃったんだから仕方ない」
「これで被害届だしたら更に非難のまとやな」
「国民の声が犯罪だと言う市教委」
[PR]
by fighter_eiji | 2012-07-17 10:28 | Children’s Times
<< 給食で罰 やらせ国家 >>