合わない先生
子供たちへ :

「私は、中学の英語の先生がどうも
合わなくて、英語がきらいに」
と、お母さん。

「教師は、その人によって、人の人生が大きく
変わることをわかってほしいわね。
全然、わかってないみたいで、
のほほんとしてるけどね」
と、別のお母さん。
[PR]
by fighter_eiji | 2012-08-06 20:09 | Children’s Times
<< 中学生のスパーリング ケダモノ >>