イップマンと中国への爆撃
  ● 読者から ○

日本軍の中国爆撃。

カンフー映画で、ブルース・リーの師匠、
イップマンの時代背景が、まさしくこの頃です。

日本人がクズに描かれています。
実際は、もっとクズ以下だったんだなと勉強になります。
重慶爆撃のことを詳しく「ストレートトーク」に
載せてもらって、ありがとうございます。

アジア諸国の映画ですけど、日本人のセコさと
残忍さを描いていて勉強になりますが、
「ストレートトーク」は更に鋭く書かれていて
映画と「ストレートトーク」で
俺の頭の歴史がつながります。

今週末も、きっとイップマンを息子が
見ると思いますが、しっかりと話しができます。
いつもありがとうございます!
勉強になります。
[PR]
by fighter_eiji | 2012-09-05 22:22 | Children’s Times
<< 家にいて、いいことが・・ 地球へ来たバルタン星人 >>