学校の暴力団
    名門私立中学レイプいじめに 
  校長「スカートめくりの延長」と説明
    2012年9月6日女性セブン

8月23・30日号が報じた、名門私立中学校での「いじめ事件」だが、学校側は、いまなお沈黙を守ったままだ。

5月下旬、女子3人、男子2人のいじめっ子グループが、生徒・A子さんを追い回し、トイレの個室に追い込んだ。

「3人の女子生徒たちは直接、手を下さず、男子生徒2人にA子さんが逃げ込んだ個室の隣から壁を乗り越えて侵入するように指示したそうです。男子生徒たちは命じられたとおり、A子さんが逃げこんだ個室に入り、服の上から胸を揉んだり、制服のスカートをめくり上げたり、さらにはブラウスまで剥ぎ取った」(ある保護者)

その様子を携帯電話のカメラで撮影。

「カメラで撮影されていたのは動画で、A子さんは上半身裸で、胸は露わになっていたそうです。しかも、泣き叫ぶA子さんの声も入っていて、生々しい映像だったということです。しかも、その動画は、クラスの半分くらいの生徒たちが目にしたみたいです。A子さんにとっては、あまりにもつらい出来事となってしまったでしょう…」(前出・保護者)

実行犯の男子生徒2人は退学、3人の女子生徒と被害者であるA子さんは3日間の停学。

「学校側は、いじめを指示した女子生徒たちにも“自主退学”を勧めたそうです。しかし、彼女たちは“私たちは、A子さんと話をしようと思ってトイレに呼んで、待ち合わせしただけ”と主張したため、学校側も証拠不十分ということで、停学にとどめたみたい…」(前出・保護者)

保護者説明会が行われ、そこで校長からは信じられない説明が。

「“加害者”と“被害者”という言葉は使わず、一括りにして、“関係者”と呼んでいました。
しかも、停学の理由については“喧嘩両成敗”という説明でした。
充分な説明もないまま、学校側からは“口外しないように”と箝口令が敷かれたんです」(前出・保護者)

「校長は、男性の保護者に向けて“みなさんも昔、好きな女の子のスカートをめくったことあるでしょ? その延長ですよ。何も心配することはありません”と言ったんです。でも心配するようなことがないなら、退学にする必要はないでしょう。不信感でいっぱいになりましたね…」

結局、何が起こったかの具体的な説明はなく、その会は終了。
学校側は何も語ることなく、事態が沈静化するのをただ黙って待っている。

※女性セブン2012年9月20日号
[PR]
by fighter_eiji | 2012-09-07 10:36 | Children’s Times
<< 電力屋と村へのわいろ 具合のいい映画のみ >>