浜辺のギャング団
 千葉県警 全署に相談担当配置へ
 2012年9月9日  NHK News

去年12月に長崎県で起きたストーカー殺人事件では、被害を受けていた女性の父親が、千葉県の習志野警察署に繰り返し相談していたにもかかわらず、事件を防ぐことができずに警察の対応の遅れが問題。

これを受けて、千葉県警察本部はストーカー犯罪や夫婦間の暴力=ドメスティックバイオレンスの被害などに迅速に対応できるよう、県内に39あるすべての警察署に市民からの相談を専門に担当する警察官を今月下旬から配置することに。

また、女性が相談しやすいように、警察署に配置する女性警察官も増やすことに。

  ===

やる気がないやつらが何したってダメ。
役所には「すぐやる課」を作ったとこも
多いが、何年経ってもダメ。

女性警官じゃないと、まともに相談さえできない
アホウな男どもの集まり。



    ○○○


 巡査長 少女準強姦事件で大阪府警 
    巡査長は「納得いかない」
  2012.9.6  Sankei News

大阪府警布施署の警官が貝塚市の海水浴場で少女に乱暴した事件で、永田昌也巡査長(27)を公然わいせつ容疑。
永田は一貫して「合意の元だった」と、
処分について「納得がいかない」と。

一緒に海水浴に来ていた同署の4警官のうち、25歳と22歳の巡査が、ボートの上で別の少女の体を触るなどしたとして、準強制わいせつ容疑。
2人を停職3カ月と1カ月の懲戒処分とした。25歳の巡査は同日、依願退職した。

このほか、浜辺で少女とキスした巡査長(30)は、減給10分の1(1カ月)に、永田巡査長の行為を止めなかった巡査(23)を本部長訓戒。

永田巡査長は、少女が酩酊(めいてい)しているのに乗じ、浜辺のゴムボートで乱暴したとして準強姦容疑で逮捕。
多数の海水浴客がいる公然わいせつ容疑。
[PR]
by fighter_eiji | 2012-09-09 11:07 | Children’s Times
<< 障害ある人と健常者 勇敢な男たち >>