やけ止め
  メトロ駅員がドア開け特急止める
     東武伊勢崎線で3回
   2012年9月12日 共同通信

上野駅の駅員(28)が客として乗った東武伊勢崎線の特急車内で、非常用のレバーを操作してドアを開け、急停止させる行為を3回繰り返していた。
駅員は11日、勤務後に栃木県の自宅に帰宅する途中、特急の非常用レバーを引いてドアを開けた。
今年4月から、駅で回収される切符を調べて客の流れを分析する業務を与えられ、負担に感じていたという。
[PR]
by fighter_eiji | 2012-09-12 22:50 | Children’s Times
<< ソフトバンク vs 学校 Stone-headed >>