正義をじゃまする教員たち
       <大津・中2自殺>
 女性教諭重傷で被害届…批判受け校長方針
     2012年9月20日 毎日新聞

 大津市の中学2年の生徒をいじめた同級生3人のうち1人が今年5月、担任の女性教諭の小指に重傷を負わせた問題で、学校が滋賀県警に被害届を提出する方針を固めた。
今月開いた緊急職員会議で校長が決定。

 担任教諭は5月30日、集会中に帰宅しようとしたこの同級生を注意した際、同級生が暴れて左手小指の骨にひびが入るなど5カ所を負傷。
学校側は教育的配慮から被害届の提出を見送ったが、県教委、越直美大津市長らが対応を批判。
県警から被害届の提出を求められていた。
市教委も9月に入って提出方針を決めた。

 学校関係者によると、緊急職員会議では担任の女性教諭を含むほとんどの教員が反対したが、校長は「市教委に指導されたので出さざるを得ない」と説明。提出方針を決定した。

 学校関係者は「最近は担任と同級生の関係が良好だったが、被害届を出せば信頼関係を失う。現場を無視した決定だ」と話した。【石川勝義】

  ==

常識のない人たちは、どうして常識がない?
考え方が非常識。
[PR]
by fighter_eiji | 2012-09-20 10:03 | Children’s Times
<< 一家が破産 世界一悲惨になる2050年 >>