日本刀振り回す警視
       <世田谷女性殺害>
  容疑者とトラブル頻発 植木鉢の場所など
    2012年10月10日 毎日新聞

世田谷区野沢1で、久保節子さん(62)が警視庁の元警視、徳永重正(86)に殺害された。
数年前から続いていた「ご近所トラブル」。
「よくもめていたが、こんなことになるなんて」。
住民らは話した。

近所の女性(61)は午前11時過ぎ、言い争う声に気づいた。
久保さん方の玄関先で徳永が日本刀を振り上げ、被害女性の額からは血が流れていた。

久保さんが引っ越してきた3年前から2人の間でもめ事が頻発。
植木鉢を家の前の私道にはみ出して置いたり、
野良猫に餌を与える久保さんに徳永は度々抗議。
久保さんも周囲に「徳永さんに農薬をかけられた」などとこぼし、「取っ組み合いのけんかもしょっちゅうあった」。

ある住民は1カ月ほど前、久保さんに突き飛ばされたと言う徳永から「告訴するから証人になって」と相談され、「近所だし、告訴なんてやめて」となだめたという。

久保さんは10日朝、近所の女性らに「(徳永に)昨日、植木鉢を割られた」と話していた。
事件が起きたのはその数時間後だった。
【喜浦遊、松本惇、和田浩幸】
[PR]
by fighter_eiji | 2012-10-11 09:26 | Children’s Times
<< 宇宙からサラの歌 60分で、あの世 >>