極右の安倍、相撲、ヤクザ、プロ野球、歌手・・
     安倍晋三 逮捕された
  「山口組の金庫番」と一緒の写真
      2012年10月15日

高級住宅地・世田谷区成城――。
その一画に、威容を誇る大豪邸が。

奥の応接間、窓際には1枚の写真が金縁の額に。

中央は、安倍晋三だ。
左側は米共和党、保守派のマイク・ハッカビー。


写真は、2008年6月、議員会館の安倍事務所で撮られた。
安倍が総理の職を自ら辞して、1年も経っていない頃。

安倍の右側に立ち、悠然と笑みをたたえる人物。
真っ白のシルクのスーツにピンクのネクタイ、そして丸坊主姿の男性。現在、刑事被告人として公判中の韓国籍の男性、永本壹柱(本名・孫壹柱)氏だ。
彼がこの大豪邸の家主である。

中堅ゼネコンを舞台とした架空増資事件をめぐる貸金業法違反の罪だ。
2008年、貸金業の登録がないにもかかわらず、同社の増資を引き受けた金融ブローカーらに計7億3000万円を貸し付けた。
今年3月、逃亡先から帰国したところを逮捕。

逮捕翌日の新聞には、〈指定暴力団山口組系組織の資金を運用していたとみられ、組対3課は収益が暴力団側に流れたとみて追及する〉(3月11日付毎日新聞)、〈永本容疑者は山口組系暴力団関係者〉(同日付朝日新聞)などと報じられたように、捜査当局は「山口組の金庫番」として、永本氏の背後人脈に注目。

実際、公判では永本氏本人が山口組系組長との長年の交際や、祝儀名目で数百万円をわたしていたことを明かしている。

永本氏のビジネスパートナーはこう証言する。

「彼の仕事は闇の金融屋です。どんなにヤバい相手や仕事でも儲かると思えば、不動産などを担保に高利で貸す。近年は上場企業を舞台とした架空増資や仕手戦に関与して荒稼ぎし、『10億円をすぐに用意できる男』、『闇金融のドン』と称されるほど業界では有名でした」

永本氏は芸能界やスポーツ界のタニマチとしても顔が広かった。
2009年9月、東京・代官山の高級レストランで元横綱・朝青龍の誕生日パーティが盛大に開かれた。
有名ミュージシャンや俳優、元プロ野球選手や現役力士ほか、大手芸能プロやパチンコメーカーの幹部らが顔を揃えた。

このパーティの主催者が永本氏。

「このパーティには山口組の最高幹部も姿を見せていました。あり余る資金力を背景にした永本さんのハンパない人脈に圧倒されましたね。都内の高級ホテルを定宿にし、ロールスロイス・ファントムLWBなど複数の超高級外車で移動するというライフスタイルを自慢げに周囲に話していました」


※週刊ポスト2012年10月26日号
[PR]
by fighter_eiji | 2012-10-15 12:19 | Children’s Times
<< アンネの日記、展示会 See through you... >>