泥棒を作る警察ほか、いろいろ
     府警不祥事 
 処分47人歯止めかからず
  (2012年10月22日 読売)

 府警で警察官の不祥事が相次いでいる。
9月末の処分者は、過去5年間で最悪だった昨年同期より2人多い47人に上る。
府警は不祥事発覚の度、再発防止を強調するが歯止めがかからない。(関俊一)

舞鶴署の巡査部長(60)らは、占有離脱物横領容疑で処理すべき自転車の持ち去り事件を“格上げ”して実績を上げようとした。

 「窃盗で行こうじゃないか」。
巡査部長のかけ声で、部下らが動いた。
自転車の所有者の自宅を訪ね、白紙の被害届に署名・押印させ、別の時期や場所で「盗まれた」と事件を捏造。

別の傘の持ち去り事件2件では被害者を特定できず、
別の人物に被害者になってもらうよう協力を求めた。

■  □

2002年以降今年9月までに処分を受けた警察官と職員は計565人(うち懲戒処分96人)。

全国的にも、今年上半期の懲戒処分者は前年同期比39人増の205人。
ある警察幹部は「不祥事が相次いだ2000年以来の、危機的な状況だ」。

□  ■

舞鶴署の一般市民を巻き込んでまで行われた捏造の動機は「実績作りのため」。

府警地域課は「職務質問強化などの目的は警察技能の向上。『評価されるのは検挙事案』とはき違えた巡査部長らの資質が問題だ」と強調する。
だが「検挙件数で評価する上司がいるのは事実だ」(府警警部補)との声も漏れる。

上司には逆らえない、警察独特の風土も、背景にはあるのでは。

舞鶴署員らも「巡査部長の指示に逆らえなかった」と供述。
3月に発覚した、田辺署の留置管理係員らが勾留中の容疑者に喫煙や飲食の便宜を図った事件では、部下が上司に言われるまま報告書偽造などの行為に手を染めていた。


■  □

有識者から意見を聞く委員会を6月に設け、今月末には改革案をまとめる。


   ----

        <公文書偽造>
  元警部補に猶予付き判決 大津地裁
      毎日新聞 10月22日

滋賀県警警部補の竹嶌園生(たけしま・そのお)被告(42)は、不倫関係にあった女性の戸籍謄本や戸籍の附票を入手するため、勤務していた守山署で「身上調査照会書」を偽造。
女性と同居する男性の戸籍謄本も入手しようと。【村瀬優子】

   ----

 行政ファイル:自衛官を懲戒免職処分 /大阪
   毎日新聞 2012年10月13日 

陸上自衛隊信太山駐屯地(和泉市)は12日、他人名義の自衛官診療証を偽造したなどとして逮捕、起訴された第37普通科連隊所属の2等陸曹、敷地宏明被告(45)。

敷地は8月、大阪の自動契約コーナーで、
偽造した他人名義の診療証を使って逮捕。
[PR]
by fighter_eiji | 2012-10-22 21:43 | Children’s Times
<< 放射能のことをだます文科省 No dream >>