球界のイヤなオッサンら
   大リーグ行き選手をいじめ
       NHK

花巻東高校の大谷翔平投手が大リーグ挑戦の意向を表明していることについて、プロ野球の12球団は、指名を拒否して海外に進む選手に対する、現在の復帰制限の在り方について、今後議論していくことになりました。

プロ野球のドラフトでは、日本ハムが、大リーグへの挑戦を表明している花巻東高校の大谷投手を1位指名しましたが、大谷投手は「指名を受けても、アメリカで野球をやりたい気持ちは変わらない」と話しています。

こうした事態を受けて、プロ野球の12球団は、27日に東京都内で開いた会合で意見を交わしました。
12球団ではすでに、日本の球団からの指名を拒否して海外に進んだ選手については、海外の球団との契約が切れた時点から、高校生の場合は3年間、大学や社会人の場合は2年間、ドラフトの指名対象から外すことを申し合わせています。

27日の会合では、この申し合わせについて、日本から大リーグへの選手の流出を防ぐために設けられたにもかかわらず、歯止めになっていないとして、「今の制限では問題があるのでは」といった意見が出されました。
[PR]
by Fighter_eiji | 2012-10-28 01:15 | Children’s Times
<< 横浜教委の驚異的な脅威 法律違反の王者=警察 >>