デトロイトの右クロス
「がまんすることだよ」
練習後、同じ更衣室で言葉を交わしたり
してから32年ぶりに沖縄で出会った
チャンピオンは、夢を叶えるため
には、がまんしなきゃと強調した。

2ラウンド KO 負けを喫した世界
初挑戦から6年、「これが最後だ」と
臨んだ強豪王者サムエル・セラノへの
挑戦はデトロイトで。

第6ラウンドに放たれた右クロスで
横たわった名チャンピオンは、
カウントテンで立ち上がれなかった。

夢を追う人にだけ、夢は叶う。

62才になった元チャンピオン、
上原康恒さんは、29才だったあの頃と
まったく同じようにあったかい人だった。

ファイティングポーズをとると
虎のように強いのがわかる。
[PR]
by fighter_eiji | 2012-11-18 01:46 | Children’s Times
<< 公務員の内部被ばく腐敗 Finding out truth >>