取れない有給休暇
   日本の有休消化はワースト1位
 2012年11月19日  Excite News

同僚への配慮など、気を使いがちな有給休暇の取得。
エクスペディアが、世界22か国の有給休暇調査。

22か国、16歳以上の有職者男女計8,687人を対象に、2012年9月~10月に実施。
各国の有休支給日数を2011年度と比較したところ、日本は世界で唯一増加し、昨年より2日多い13日支給された。
一方で未消化日数も昨年の6日から8日と2日増。
結果、消化率は38%と、引き続き世界ワースト1位という結果。
また、米国では18%、日本では17%が、有休支給日数が「0日」であると回答。

日本人の有給休暇を消化しない理由は、1位「経済的な余裕がない」、2位「同僚から否定的な見方をされる」、3位「家族等とスケジュールが合わない」、4位「計画不足」、5位「繰越しができない」の順となった。一方、世界では、1位「家族等とスケジュールが合わない」、2位「繰越しができない」、3位「経済的余裕がない」、4位「繰越ができない」、5位「消化しない場合、手当が支払われるから」となっている。

「同僚から否定的な見方をされる」と感じている割合は、アジアが全体的に高く、その中でも主な理由として挙げているのは日本のみ。「上司が有休に対して否定的である」と回答したのも世界で4位と上位であることから、日本の有休消化率の悪さは、人間関係に起因。

世界で有休支給日数が少ないのは、1位が韓国・台湾の10日、3位が米国12日、4位が日本13日、以降はマレーシアとシンガポールが14日間と続き、米国を除くとアジア圏が独占。
韓国は7日間消化、台湾は10日間すべて消化している一方で、日本が消化しているのは5日間のみと圧倒的に少ない。

そして休暇中も「仕事のことを決して忘れない」と回答した割合は、日本が世界で1位。
[PR]
by fighter_eiji | 2012-11-20 10:04 | Children’s Times
<< あて名書きの文字 邪悪の自民のとっつぁんら >>