ミシガンを離れて
「エイジね、私は、どうしても
家を出たかったのよ」と上等の
ピアノを置いたリビングルームで
デザートのあとの会話。
「ミシガンの町に一生いるなんて
考えられないわよ。どんなにお金を
積まれようが、夢だけは売り渡さないわ」
彼女は今、歴史的世界的ピアニスト。


[PR]
by fighter_eiji | 2014-04-03 23:24
<< 友達と自分 世界での経験 >>