耐えられない人生
「私が育った町の女性がなるものは
学校の先生か看護婦に決まってるの」
とアーティスト。
「絶対にイヤだったわ。そんな退屈な
人生なんて考えられない。
だから、あの愚かなちっぽけな町を
出て本当に良かった」
とカリフォルニアの青い大きな空を
見ながら。

[PR]
by fighter_eiji | 2014-04-04 00:04
<< A musician with... テーブルマナー >>