2012年 08月 05日 ( 10 )
点数で決められる
● 読者から ●

学校は点数ばかりで評価しますね。
姪は偏差値をあと5つ上げないと
高校無理と言われて悩み中…
[PR]
by fighter_eiji | 2012-08-05 21:46 | Children’s Times
一生と一秒
子供たちへ :

人は、一秒で解決できることを
一生かかっても解決できない。

解決しない。
[PR]
by fighter_eiji | 2012-08-05 19:41 | Children’s Times
Lifetime and 1 second
People spend their whole life,
trying to solve a problem
that takes just one second.
[PR]
by fighter_eiji | 2012-08-05 19:40 | English
洗脳工場
子供たちへ :

日本の学校では、ダメなロボット人間に
なるように洗脳されてることは、みんな知ってる。

でもなんで?
● それは、そこにいる人たちが洗脳されてるから。

どうしてわかる?
● 洗脳されてなけりゃ、勤められる場所じゃない。
教科書も、指導要綱も、内容も、同僚も・・・


● 読者から ●

そのとおりですね!!

● 読者から ●

気分爽快です!
[PR]
by fighter_eiji | 2012-08-05 19:37 | Children’s Times
斜めの家
子供たちへ :

ママは、ご機嫌斜め。
パパもご機嫌斜め。

どうやって子供が平静に水平にいられる?
[PR]
by fighter_eiji | 2012-08-05 19:34 | Children’s Times
宿題どっさりの夏
子供たちへ :

  ● お母さんから ●

吉川さんが義務教育で人間駄目になるって。
私もそう思います。
夏休みの宿題はドッサリ。
クラスの男の子が、先生宿題多すぎ…
と言ったら気持ち少なめ。
いっぱい遊ばせています。夏休みは!
子供は日に日に真っ黒です!
[PR]
by fighter_eiji | 2012-08-05 19:32 | Children’s Times
いじめからいじめへ
  いじめ加害少年宅に脅迫状
     2012年8月5日

大津で起きた中学生のいじめ自殺問題。
いじめグループ3人組のうちリーダー格とされる少年Aは、京都市内の学校へ転校し、いじめの件にも他人事のような態度を貫いているという。

 一方、いまも転校せず同じ中学校に籍を置いているのは少年B。
父親が京大医学部卒であることが報じられているが、B本人の成績は芳しくなく、いまはほとんど不登校の状態だ。インターネット上では、Bの個人情報が暴かれ、父親の元勤務先とされる県立の医療機関の名称や、住所までが出回っている。
「自宅には脅迫状が殺到しているようです。B君は5人きょうだいの4番目で、下にはまだ小学校に通う子もいる。お母さんは“もう精神的に耐えられへん”と泣いていました」(近所の住民)

 また、もうひとりの少年Cは今年2月に家を引っ越し、4月から京都府内の中学校に転校。
「最初、お母さんは“子供が不登校で引っ越してきた”といっていたので、てっきりいじめにあう“弱い子”かなと思っていたんです。それがいじめっ子側だったとは…」(近所の住民)

 Cは反省するどころか、転校先でも暴力的な面を見せている。
「5、6時間目に学校に来て授業中は爆睡。6月には柄の悪い連中と一緒になって、他のクラスの生徒を集団でボコボコにした。やられた生徒は両目が腫れ上がり、顔が歪むほどだった」(Cの同級生)
 殴った生徒は先生に呼び出され、それを機にCは不登校になった。時期を同じくして、Cの家からは昼間に大音響で音楽が鳴るのが聞かれるように。
「ドスンドスンとドラムの響く音がうるさくて。明らかにお母さんが聴くような音楽ではないので、“学校に行かずに家にいるんやな”ってわかるんです」(前出・近所の住民)
 家族関係にも亀裂が走っているという。
「Cくんのお母さんは再婚だったんですが、今回の問題で夫婦仲がうまくいかなくなり、“離婚する”と話していました。実際に離婚したのかどうかはわかりませんが」(前出・Cの近所の住民)

※女性セブン2012年8月16日号
[PR]
by fighter_eiji | 2012-08-05 19:30 | Children’s Times
夏の地獄
子供たちへ :

  ● お母さんから ●

今年も山のような宿題を出す、
小学校に疑問を感じながら、夏休みも2週間経ちました。
せっかく子どもたちと過ごす休日も
ワーキングママにとっては、子どもと一緒に
宿題を片付けるための時間になっていましたが、
そんな事の為に費やす時間がもったいなくて、
今年は、子どもたちと夏を満喫してまーす♪


毎週のように、近くの川に行き、
豪快に川遊び。魚や沢カニと遊んだり、
岩の上からダイビング。

来週は、海でシュノーケル。
熱帯魚さんたちと一緒に泳いできます。

今しか出来ない楽しい事をたくさんさせてあげたい!!

ちなみに、子どもたちに共通の宿題

硬筆、毛筆作品
工作、自由研究
作文、読書感想文
読書記録
読書一万ページ目標。
一日何ページ読めば達成できるのだろうか?

ワークブック、問題プリント数十枚

動植物観察日記、
絵日記

計算カード、音読毎日
計算カードは毎日タイムを計り記録する

以上が小学校低学年で、小5長女にいたっては
それプラス、大学ノート一冊分の自主勉強があります。

こんなにたくさんの宿題をやりきり、
夏休みを楽しめるのでしょうか?


  ==

学校がいかに稀有なボケどもに
運営されてるかがわかる。
[PR]
by fighter_eiji | 2012-08-05 14:25 | Children’s Times
Living in a small world
Living in a small world.
Your life should be a huge waste.
[PR]
by fighter_eiji | 2012-08-05 14:23 | English
自分だけ守る政府
     本当は危ない首都圏 
    イオンが脱出、皇室にも勧告
   2012年8月5日 Excite News

7月末に相次いだ脱出の動き
イオングループが千葉にある本社機能を愛知県小牧市に。
また京都府知事などが官房長官を訪ね、一部皇室を京都に移転するよう要望書を手渡した。

岡田副首相一家がオーナーのイオンが脱出
イオングループは民主党の岡田克也副総理と関係が深い。
同グループの代表、岡田元也氏は克也氏の実兄。
創業者の岡田卓也氏は実父である。

そのイオングループが本社機能を代替えする施設を愛知県小牧市に設置。

首都圏直下型地震に備えてのことだというが、政府中枢と縁の深い企業だけに、独自の危険情報を得たのでは、との憶測を呼んでいる。

本当はセシウム? 皇室にも脱出を勧告
前々日の26日には京都府の山田啓二知事が藤村官房長官のもとを訪れ、皇族が京都に居を移すよう求める要望書をた。

こちらも表向きの理由は首都圏直下型地震対策とされているが、時期的にイオンの報道と重なるだけに、不安視する声も聞かれる。

地震以上に疑われているのが、放射性物質による汚染である。
食品を扱うイオン、男系遺伝子により継承される皇室ともに、放射性物質による汚染には、神経質。

事故直後、「ただちに影響はない」と唱えながら、自らは「フルアーマー」と揶揄される完全装備で被災地を訪れた枝野経産相。
福島入りする際、ヘリの飛行ルートすら神経質に気にした菅前首相。

政府noのの行動を観察することで、ある程度「本当の危険性」が読み取れる。
[PR]
by fighter_eiji | 2012-08-05 11:41 | Children’s Times