2012年 10月 17日 ( 3 )
ひとりもしゃべれない英語
子供たちへ :

「ほんと!そのとおりですよね!」
と、あるお母さん。

「日本の英語の先生は、生徒がひとりも
英語がしゃべれるようにならなくても
給料だけ振込させる、振込詐欺だ」
と言ったエイジに対して。

お母さん
「そういう意味では他の先生も
同じですねえ」
[PR]
by fighter_eiji | 2012-10-17 19:34 | Children’s Times
市民に関係ない、勝手な賞
   国民栄誉賞は総理の気分次第
  2012年10月17日 Excite News

レスリングで連覇した吉田沙保里に、国民栄誉賞が授与。
その国民栄誉章だが、授与されることに確たる尺度はない。

一応、国民栄誉賞表彰規程はあるものの、「広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があったものについて、その栄誉を讃えること」とされているだけだ。そして選考過程において民間有識者に意見を求めるものの、その有識者を選定するのは総理であり、有識者のメンバーや意見は非公開。
要は総理大臣が「授与させたい」
と思えば、ほぼそのままの意見が通る。
[PR]
by fighter_eiji | 2012-10-17 19:31 | Children’s Times
どこまでも悪魔=電力屋、官僚、役人・・
       <福島原発事故>
 東電、結婚理由に精神的賠償打ち切り
   2012年10月17日 毎日新聞

避難生活中に結婚した複数の女性への支給を「結婚で生活基盤が整った」として東電が打ち切ったことが分かった。

福島県双葉郡の計画的避難区域内の自宅から県中部の仮設住宅に避難していた30代女性は昨年10月に結婚し男性宅に転居。
同9〜11月分の精神的賠償を今年2月に請求した際、東電の担当者が打ち切りを示唆。
その後、東電本店から電話で「生活基盤が整った」ことを理由に、昨年11月以降の賠償打ち切りを通告。

東電の措置を巡り、文科省は「長期的避難の精神的苦痛は結婚でなくならない」(原子力損害賠償対策室)、エネ庁も「結婚で打ち切りはおかしい」(原子力損害対応室)と批判。【栗田慎一】
[PR]
by fighter_eiji | 2012-10-17 10:23 | Children’s Times