<   2007年 09月 ( 184 )   > この月の画像一覧
雨が降り、乾いた大地が、元気になる

心にもうるおいを
[PR]
by fighter_eiji | 2007-09-30 23:51
同じことするな
人間は、新しいことをやってはじめてほんとうの存在価値が出てくる。
「今まで通り」「前にもやった方法」でのみ物事を進める人は、実は進んでいない。後ろに戻る荷車みたい。

ジャングルに分け入って、最初の道を作ろう。

子供たち、若者のみんな、今の大人みたいにロボットになるなよ。

「こわいこと」を「やけくそ」でやってこそ生きているといえる。
(「楽」で「安全」なことしてると退屈な人間になるぞ)

川柳: ああやった!そういう気持ちに、毎日なれ
[PR]
by fighter_eiji | 2007-09-30 21:44
薄いのに上げ底
c0157558_16203356.jpg
スーパーで肉を買ったら、それも上げ底。元々、1センチしか厚みがないのに、肉をどかせたら、8ミリ位、底がせり上がっている。つまり、厚みたっぷりあるかと思った肉は2ミリ弱。

どうして、人をだまそうとするんだろう。結局自分にかえってくるのに。

川柳: 底上げし、値段も上げて、信用下げ
[PR]
by fighter_eiji | 2007-09-30 20:27
倫理を
c0157558_16213326.jpg
女優のパメラ・アンダーソンがKFC(ケンタッキー・フライド・チキン)のボイコットに加わった。既にポール・マッカートニー(ビートルズ)も運動に。

KFCが年間に殺すチキンは7億5千万羽。太らすだけ太らせて、鳥は自分では歩けなくなる。ある日、棒で殴り、蹴り、踏みつけ、壁に叩きつける。

パメラはKFC店舗に並ぶ、サンダース氏の人形の撤去を求めて訴訟。理由は「チキンに対する残酷行為の象徴だから」

運動の中心団体は「動物の倫理的扱いを求める人々・PETA(People for the Ethical Treatment of Animal)」

川柳: 万物を、愛する気持ちが、人つくる
[PR]
by fighter_eiji | 2007-09-30 10:09
タフガイ、64年前の記憶
c0157558_1622544.jpg「家の前の路上で友達と遊んでいた。そこを車が通りがかって、パパが窓からこっちを見ていた。それが、親父を見た最後だった。13歳の時だったよ・・」
と話したあと涙を浮かべたのはタフガイを演じ続けてきたジーン・ハックマン。
泣き顔をごまかすため「たったの64年前のことだけどね」と笑う彼はアカデミー賞を2度受賞した。ノミネートは5回。
16歳で学校をドロップアウトしたあと、彼が本格的に役者を目指したのは30歳の時。
栄光をつかんだ彼だが、13歳のあの日の路上での出来事は忘れられない。

「離婚だけはいやだ」と思っていた彼自身も、1986年、30年連れ添った奥さんと別れる日が来た。

川柳: 名声より、オスカーよりも、愛がほしい
[PR]
by fighter_eiji | 2007-09-29 22:04
残虐反対、生命に敬意を
c0157558_16235677.jpg(こんな表現を文章にしたくないけど、現実がもっとひどいから書きます)
もしも、あなたの子供や兄弟が、生きたまま腹を裂かれ、腕や足を輪切りにされたら?
生きたまま炭火の上の網に置かれたら?あなたのワンちゃんや猫ちゃんでもいいです。想像してみてください。

活造り(いけづくり)は耐えられない。つくるべきでない。
もしも、活造りが出てきたら、とどめをしてあげてください、せめて。生きものの命とその最期には敬意を払わないと。食事を楽しむのはいい、でも残虐はいけません。
体をすっかり食べられたあと、他の醤油つきの食べ残しや内臓とゴチャゴチャの、プラスティックのゴミ箱に捨てられてもまだ生きているんですよ。どんな気持ちか・・
みんな一緒に生きているんです。しかも今、あなたに命を捧げ、力と栄養をくれている人なんです。
お店も「うちは活造りだけはしません」という姿勢を。

テレビで生きたイセエビやアワビや魚に包丁を入れるシーンが出るが、公共電波では規制されるべき。今、殺戮シーンが画面に堂々と登場する理由はディレクターたちの命に対する敬意がないから。そして視聴者がただ受け身だから。
そういうディレクターがメディアという兵器よりも怖いものをコントロールしているのは危険。
そういう視聴者がなんとも思わず子供に見せるのもいけない。

川柳: 倫理とは、相手の気持ちを、知る気持ち
[PR]
by fighter_eiji | 2007-09-29 20:12
アクターズ・スタジオ・インタビューのクオリティの秘密
c0157558_16271670.jpg
「アクターズ・スタジオ」インタビューが時々、BS2チャンネルで流れる。
「ハリウッド映画なんか商業映画ばかりで・・」と思っているヨーロピアン、芸術にうるさいフランス人でさえ、俳優や監督の心に入っていく内容に魅かれている人気番組。
その秘密はインタビュアーのジェームス・リプトンにある。彼の人間的品格がゲストの本質を引き出す。
精神と知能が高いゲストの海のような深さを、インタビュアーがどこまで掘り下げられるかが勝負。

対照的に、日本のインタビュアーは潮干狩りの海ほどに浅い。
立派な人に聞く質問がくだらない。
最悪なのは人が亡くなったりした直後に傷ついた家族の家に土足で上がりこみ、カメラを向け、ライトを浴びせ、マイクをつきつけるマスコミの人権侵害行為。

いい番組は正しい人間から。良い社会は良い個人から。

川柳: 浅い海、どこまで行っても、変化なし
[PR]
by fighter_eiji | 2007-09-29 12:18
ふたつの軍事大国
ミャンマー軍に日本人が殺されたことに高村外務大臣が同国外相に調査を求めた。
ミャンマー外相「日本人が亡くなって申し訳ない」

 ● 日本人が亡くなってなかったら、高村外相はこの暴虐を気にかけなかったかも
 ● ミャンマー外相は、ミャンマー人が亡くなったことは申し訳なくはない?

  ===

今、ミャンマーは5人以上が集まることを禁止。平和集会、民主主義を求める集会をやめさせるため。

 ● 日本軍(=別名:自衛隊)は今、全国の平和活動・平和集会・書物等をチェックしている。これは憲法に違反。憲兵(=日本版ゲシュタポ)やミャンマーと同じ行為。

川柳: 武器持つ国、どれも大して、変わらない
[PR]
by fighter_eiji | 2007-09-29 10:54
エルビスはカツラ?
c0157558_16284416.jpg「エルビス(プレスリー)の髪型の総理はどうしてる?あれはカツラ?」外国の友人が問う。コイズミのことだ。
その"エルビス"が首相の5-6年前からか、政治家がテレビ番組に出てヘラヘラし始めたのは。カツラをつけた三文役者のように。


軽いかるい、甘いあまい、浅いあさい、不快ふかい

川柳: とっちゃえば、何も残らぬ、カツラ社会
[PR]
by fighter_eiji | 2007-09-29 09:23
人工寿司
c0157558_16295334.jpg
全国チェーンの回転寿司。本部では数百もありそうなテレビスクリーンが並び、全国の従業員の働きぶり、寿司のでき具合をチェック。
「アッ!乗せた切身が少しずれてる。よし電話だ」店の電話が鳴って「○○さんの作った寿司がまた出来が悪いよ」担当の従業員は店長から怒られる。
映画『モダンタイムス』(1936)でチャップリンが予見したとおり。
人間性よりも生産性。信じるよりも監視カメラ。

普通の寿司屋さんに行こうっと。

川柳: 管理職、いつかは自分も、監視され
[PR]
by fighter_eiji | 2007-09-29 00:14